• 077-564-3101

    診療時間/9:00~12:00 17:00~19:30
    休診日/木曜・祝日・火曜午後・土曜午後・日曜午後

ハピネスブログ

カテゴリー:

産科

おたふくかぜ(ムンプス)の流行

  • 産科
おたふくかぜ(ムンプス)の流行発症すると、おたふくのように耳下腺が腫れあがるウイルス感染です。日本では、ムンプスのワクチンは、任意接種のため、流行を抑制するのに十分ではなく、4~5年周期で流行を繰り返します。前回は、2010~11年に流行りました。妊娠中の母子感染はなく、1~2週間で軽快する比較的予後良好な疾患ですが、難聴と精巣炎、髄膜炎等合併症を引き起こすことがあります。特に難聴は、1000例に1...
続きを読む

胎位異常、横位に遭遇

  • 産科
胎位異常、横位に遭遇おなかの中で赤ちゃんは頭を下にしている状態を「頭位」といい、逆に頭を上にしている状態を「骨盤位(逆子)」と呼びます。また、胎児の頭が横を向いている状態を「横位」といいます。子宮内は羊水で満たされているため、妊娠28週ごろまでは活発に動き回り、さまざまな体勢を取っているので、妊娠中期では約50%が逆子といわれています。妊娠中期以降は、徐々に頭位になっていくことが多く、妊娠後期にな...
続きを読む

妊娠中のインフルエンザ接種

  • 産科
インフルエンザの予防接種の時期になりました。今年のワクチンは4価ワクチンです。毎年、流行りそうな型に絞って3つの型を想定して配合していたのですが、今年からは外国に習って、4種類のワクチンを配合したというわけです。その分、昨年までワクチン接種したが、罹ってしまったという方も減ると思われます。妊娠中の方と出産後の方については、妊娠中や授乳中に罹患すると、重症化する可能性が高いため接種が推奨されてい...
続きを読む

帝王切開既往妊娠の経膣分娩について(TOLAC,VBAC)

  • 産科
帝王切開既往妊娠の経膣分娩について(TOLAC,VBAC)先日、妊婦さんの希望があり、前回骨盤位のため帝王切開後の妊婦さんの経膣分娩ができました。TOLACの場合、産婦人科のガイドラインに沿って慎重に経過観察します。経験上、妊娠36週付近から、徐々に子宮口が軟化または短縮する方は、予定日まで待っても成功しますが、軟化度が乏しい方は、難しいと説明しています。成功度は、50~60%くらいです。今回の場合、妊娠36週で...
続きを読む

出生時の臍帯結紮を遅らせると小児期の運動技能向上

  • 産科
臍帯結紮を遅らせると児の発達が向上、微細運動や社会的技能に優れる。 日本では、出産時のご主人の立ち会いはほぼ恒例化し、夫婦が産みの苦痛と喜びを共有していただき、赤ちゃんがお母さんのお腹の上で抱っこされている時に、ご主人に臍帯(へその緒)を臍帯剪刀で切っていただいている施設が多いと思います。このお二人の分娩後に、臍帯結紮を数分待つことで、4歳になった時、この小児の微細運動技能および社会的技能が...
続きを読む

ページトップへ戻る