おたふくかぜ(ムンプス)の流行|滋賀県草津市にある産婦人科|妊娠、出産、不妊治療

0775643101

[平日]9:00~12:00/17:00~19:30
[休診日]木曜・祝日・土曜午後・日曜午後

お問い合わせ

WEB予約

お問い合わせ

WEB予約

産科

おたふくかぜ(ムンプス)の流行

産科

おたふくかぜ(ムンプス)の流行

発症すると、おたふくのように耳下腺が腫れあがるウイルス感染です。

日本では、ムンプスのワクチンは、任意接種のため、

流行を抑制するのに十分ではなく、4~5年周期で流行を繰り返します。

前回は、2010~11年に流行りました。

妊娠中の母子感染はなく、1~2週間で軽快する比較的予後良好な疾患ですが、

難聴と精巣炎、髄膜炎等合併症を引き起こすことがあります。

特に難聴は、1000例に1例程度ですが、

発症しますと回復が難しく、

また精巣炎から

男性不妊になる場合がありますので、少しは注意してください。

pagetop