• 077-564-3101

    診療時間/9:00~12:00 17:00~19:30
    休診日/木曜・祝日・火曜午後・土曜午後・日曜午後

ハピネスブログ

カテゴリー:

不妊症・子宮内膜症・晩婚化

  • 婦人科

不妊症・子宮内膜症・晩婚化

現代の日本女性の平均的なライフサイクルは、

12歳で初潮、30歳で初産、    50歳で閉経。

50年前は、

15歳で初潮、25歳までに初産、  50歳で閉経。 

初潮から初産までが延長し、月経回数が多くなっています。

月経回数の増加は、不妊の原因の一つであります子宮内膜症のリスクをあげます。

中学生以上で、月経痛がある方には、低用量ピルを処方しています。

生理痛がかなり楽になり、また生理量も減少してきます。

定期・入学試験に月経が重なっても心配無用、ホルモンバランスで起きるニキビも解消。

ホルモン環境が一定になることで「月経前緊張症」もなくなるし、まさに女性の味方です。

さらにピルには子宮内膜症の予防や治療として使われますので「一石二鳥」です。

日本の晩婚化が当分続く限り、子宮内膜症は増加しますので、もし月経痛でお悩みなら、

将来の不妊予防も兼ねて低用量ピルの服用をお勧めします。

ページトップへ戻る