切迫早産と子宮頚管の長さ|滋賀県草津市にある産婦人科|妊娠、出産、不妊治療

産科婦人科ハピネスバースクリニック
アクセス お問い合わせ
電話番号 077-564-3101

[平日]9:00~12:00/17:00~19:30

[休診日]木曜/土曜・日曜午後

産科婦人科ハピネスバースクリニック 院長ブログ

産科婦人科ハピネスバースクリニック

切迫早産と子宮頚管の長さ

切迫早産と子宮頚管の長さ

妊婦検診の超音波検査で、子宮の入口の長さ、子宮頚管長を測り、

例えば、妊娠24週では、40mm以下の場合に、

切迫早産と診断され、ウテメリン(塩酸リトドリン)を

内服し、自宅にてできるだけ安静を指導します。

 

先日、切迫早産で治療中の方が、破水され

入院となり35週で出生されました。

1週間前に受診させていまして、子宮の入口の長さ、子宮頚管長が

短いので、子宮収縮抑制剤の内服を指導していましたが、

腹痛はあったにも関わらず、飲んでなかったみたいです。

 

別の症例ですが、里帰りで当院に受診された時には、

妊娠33週で、子宮頚管長が5mmで、即入院していただき、

ウテメリンの持続点滴で、36週まで持ちこたえ無事出産されました。

この方も他医院で、ウテメリン処方中でしたが、

腹痛があるのに内服を忘れていたようです。

 

副作用の動悸と振戦がありますが、正しく服用すれば、

早産や破水が予防できるので、

飲み忘れがないようにしてください。

この2つの症例から、外来にて、看護師にもう一度、

この薬剤の内服の意味を説明してもらうようにする予定です。

一覧へ

ページトップへ戻る