国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」の初飛行|滋賀県草津市にある産婦人科|妊娠、出産、不妊治療

0775643101

[平日]9:00~12:00/17:00~19:30
[休診日]木曜・祝日・土曜午後・日曜午後

お問い合わせ

WEB予約

お問い合わせ

WEB予約

つれづれ

国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」の初飛行

つれづれ

国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」(三菱 リージョナルジェット)の初飛行

日本の航空機産業は、敗戦による破壊と、
戦後の「空白の7年間」により世界に出遅れました。

戦時中の物資のないときにも関わらず、
日本の戦闘機の余りにも卓越した製造・設計技術を目の当たりにして、
日本の航空機産業を潰さないと、
また「零戦」みたいな手ごわい戦闘機を作ると思ったので、
日本の企業はGHQにより航空機製造を7年間禁じられました。
そのせいで、技術者は、自動車産業に流れ、おかげで自動車産業が発展。

50年前のプロペラ機YS‐11の販売不振以来で、紆余曲折がありましたが、
日本航空産業にとっては大きな転機と、海外からも注目。

1位のブラジルの『エンブラエル』、2位のカナダの『ボンバルディア』が、
小型旅客機市場の大半を占めているみたいです。

あの「エンブラエル」が、リージョナルジェット機分野で、
トップ維持してること自体、驚異。

あの年中サンバ踊ってセクシーに、
腰を振っている彼らがジェット機設計・製造して、
よくぞまあ空から蝿のようにバタバタ落ちてこないかと驚き。

10年以内に、MRJが、小型旅客機市場の2位、
15年位に市場を席巻していることを期待してします。

pagetop