緊急避妊薬 アフターピル モーニングピル|滋賀県草津市にある産婦人科|妊娠、出産、不妊治療

産科婦人科ハピネスバースクリニック
アクセス お問い合わせ
電話番号 077-564-3101

[平日]9:00~12:00/17:00~19:30

[休診日]木曜/土曜・日曜午後

産科婦人科ハピネスバースクリニック 院長ブログ

産科婦人科ハピネスバースクリニック

緊急避妊薬 アフターピル モーニングピル

緊急避妊薬 アフターピル モーニングピル

日曜診療では、休日の避妊失敗で
アフターピルを希望される方が多く受診されます。

避妊の失敗例として以下の事例が多いです。
① コンドームの破損
② コンドームが膣内に残った
③ パートナーが避妊具を途中で外してしまった
④ パートナーが避妊具なしの膣外射精だった
当クリニックでは、
以前から用いられているヤッペ法(中用量ピルを2回服用する方法)と
新アフターピルであるノルレボ錠 1錠を1回だけのむ方法の二つを
説明し、二者選択していただいています。

ノルレボ錠の方が吐き気・嘔吐などの副作用も格段に少なく、
非常に簡便で、効果・安全性ともに優れた薬剤ですが、
費用がヤッペ法に比べ10,000円高いのがデメリットです。

余裕がある方や、 排卵前で妊娠の危険性が高い方にはノルレボ錠を、
学生さんや、 排卵後で妊娠の可能性が低い方にはヤッペ法を
勧めています。
いままで、2つの方法をそれぞれ100人位処方しましたが、
2つの方法とも排卵直前にされた性交例で、2例ずつ妊娠されています
ので、2つとも避妊効果は同じと思われます。

アフターピル処方した方には、全員に低用量ピルの説明と
子宮内に避妊具を入れるパンフレットを配布しています。

一覧へ

ページトップへ戻る