帝王切開既往妊娠の経膣分娩について(TOLAC,VBAC)|滋賀県草津市にある産婦人科|妊娠、出産、不妊治療

産科婦人科ハピネスバースクリニック
アクセス お問い合わせ
電話番号 077-564-3101

[平日]9:00~12:00/17:00~19:30

[休診日]木曜/土曜・日曜午後

産科婦人科ハピネスバースクリニック 院長ブログ

産科婦人科ハピネスバースクリニック

帝王切開既往妊娠の経膣分娩について(TOLAC,VBAC)

帝王切開既往妊娠の経膣分娩について(TOLAC,VBAC)

先日、妊婦さんの希望があり、前回骨盤位のため帝王切開後の

妊婦さんの経膣分娩ができました。

TOLACの場合、産婦人科のガイドラインに沿って慎重に経過観察します。

経験上、妊娠36週付近から、徐々に子宮口が軟化または短縮する方は、

予定日まで待っても成功しますが、軟化度が乏しい方は、難しいと

説明しています。成功度は、50~60%くらいです。

今回の場合、妊娠36週で、切迫早産気味で子宮口が軟化していました。

妊娠37週位で陣痛発来を期待しましたが、

妊娠38週になって自然破水し入院になりました。

破水後徐々に陣痛が強くなり、子宮口全開した後に、

子宮破裂のリスクを避けるため、吸引分娩施行し出生されました。

分娩後、帝王切開に比べ、腹部の痛みがなく、

すぐ歩行でき、すぐ食べられること等、たいそう喜ばれていました。

一覧へ

ページトップへ戻る