妊娠中のリンゴ病|滋賀県草津市にある産婦人科|妊娠、出産、不妊治療

産科婦人科ハピネスバースクリニック
アクセス お問い合わせ
電話番号 077-564-3101

[平日]9:00~12:00/17:00~19:30

[休診日]木曜/土曜・日曜午後

産科婦人科ハピネスバースクリニック 院長ブログ

産科婦人科ハピネスバースクリニック

妊娠中のリンゴ病

妊娠中のりんご病

2週間程前の妊婦健診時、学校でりんご病が流行っていると

妊婦さんが言われていたので。

りんご病(伝染性紅斑)について一言。

 

りんご病は、両頬に境界鮮明な紅斑と

四肢の網目状の紅斑を呈する予後良好なウイルス性(パルボウイルス:HPV-B19)の急性感染症。

集団生活を送る園児から小学生に好発することが多いです。

健康な子供が感染すると、約1週間後に発熱・咽頭痛などの風邪症状に、

顔の紅斑は感染後2週間位に出現します。

かゆみがある場合には、抗ヒスタモン剤の投与でほぼ簡単に治癒し、一度罹患すると、

終生免疫が得られ再感染はしません。

比較的気軽な疾患です。
しかし、家庭内にりんご病患者が居る妊婦さんの場合には、約50%が感染すると言われています。

胎盤経由で感染した胎児の一部は貧血、胎児心不全、そして胎児水腫を示し重篤になる場合もある。

HPV-B19が感染力が強いのは、発熱の時で、紅斑出現時には低くなっていますので、

お子さんの顔に紅斑が出た時には、もう感染している可能性が高いと思われます。

ご心配なら外来受診していただき、HPV-B19の抗体価を測ったらいいし、

もし陽性なら、胎児貧血等をチェックしていきます。

昨年、母体がりんご病に感染されまして、ひどい胎児水腫になられた妊婦さんがおられましたが、

妊娠後期には胎児から水腫が消え、無事に健康な赤ちゃんを出産された方がおられました。

一覧へ

ページトップへ戻る